建設業許可でいう「決算変更届」とは、「決算報告書」のことです。

建設業許可でいう「決算変更届」とは??

いわゆる、「決算報告書」のことです。

まずお伝えしたいのが、「決算変更届」は、建設業許可を取得した後に必要に応じて提出しなければならない各種届出や変更届の一種なのですが、北海道では「決算報告書」という名称で統一されています。そのため、我々も普段は「決算報告書」と呼んでいますし、添付写真のように書類の名称もそうなっていますね。

毎事業年度しなければならないこと

さて本題ですが、建設業許可を取得した法人または個人は、毎事業年度経過後4ヶ月以内に、許可権者(知事または開発局)に決算の報告をしなければなりません。

こちらの報告ですが、許可を取得した後、ずっと作成、提出しないまま月日が経ってしまっている法人や個人事業主をたまに見かけます。建設業法という法律では、提出を怠った場合の罰則規定があります。また、建設業許可には5年の期限があり、大抵の業者さんは、許可を引き続きもちたいので5年ごとに許可の更新手続きをしますし、営業拡大のために許可の業種追加をされることもよくありますが、これらの手続きをする際、「決算報告書」の提出を怠ったままですと受け付けてもらえません。その時になって初めて、「決算報告書」の提出義務があることを知り慌てて怠っていた1〜5期分を作成する、なんてことも聞きますし、弊所でもそういうお問い合わせやご依頼を承ることもあります。

書類の作成、提出代行ができるのは○○○○だけ!

建設業許可をもっている業者さんが提出しなければならないこの決算書は、建設業法に基づいて作成する必要があり、この書類を作成、提出代行や代理ができるのは行政書士となります。(紛らわしいですが、税務署へ提出する決算書の作成や提出は、税理士さんの業務です。)

建設業許可に限らず、各種許認可は、許認可を得た後も、変更内容に応じ手続きをしなければならないことが多いので、「気付いたら何もしていなかった(゚Д゚)」となってしまわぬよう、気をつけましょう(^_^)/

なお、官公庁等へ競争入札参加資格審査申請をする場合は、既に提出した決算報告書を基にして、「経営事項審査申請」の手続きをする必要がありますので申し添えておきます。

お気軽にご相談ください!

建設業許可、法人設立、遺言書作成、車庫証明、ドローン許可申請等お気軽にご相談下さい。

受付時間:月~土 9~18時
時間外のご連絡はお問い合せフォームからお願いします。